メンバー

仁科 隆史(病態生化学分野)

仁科 隆史(病態生化学分野)

学歴

2005年 3月
横浜市立大学理学部機能科学科卒業 (佐藤友美研究室)
2007年 3月
東京大学大学院新領域創成科学科 メディカルゲノム専攻
修士課程 修了(指導教官 井上純一郎教授)
2010年 3月
東京大学大学院新領域創成科学科 メディカルゲノム専攻
博士課程修了 (指導教官 井上純一郎教授)

職歴

2010年 4月
順天堂大学医学部アトピー疾患センター ポスドクトラルフェロー
(〜2013年3月)
2010年 5月
順天堂大学医学部免疫学講座 非常勤助教
2013年 4月より
日本学術振興会 特別研究員 (PD)
2014年 5月より
順天堂大学医学部免疫学講座 協力研究員 併任
2014年 8月より
東邦大学医学部医学科生化学講座 生化学分野 博士研究員 併任
2015年 3月より
東邦大学医学部医学科生化学講座 病態生化学分野 助教

受賞歴

2009年 3月
東京大学医科学研究所 IMSUT & RCAST Global COE Meeting “Tackling Cancer: Young Scientists' Work In Their Own Words” ディスカッサー賞 受賞
2009年 10月
Excellent young scientist oral presentation honorable mention in The University of Tokyo Medical Genome Science Program 2nd English Presentation Contest 受賞
2012年 6月
第20回 肝細胞研究会 優秀ポスタ−賞 受賞
2013年 3月
第12回 分子予防環境医学研究会 若手優秀発表賞 受賞
2013年 9月
第86回 日本生化学会大会 鈴木紘一メモリアル賞 受賞
2014年 10月
第87回 日本生化学会大会 若手優秀発表賞 受賞

原著論文

  • Nishina T, Deguchi Y, Miura R, Yamazaki S, Shinkai Y, Kojima Y, Okumura K, Kumagai Y, *Nakano H. (2017) Critical Contribution of Nuclear Factor Erythroid 2-related Factor 2 (NRF2) to Electrophile-induced Interleukin-11 Production. J. Biol. Chem. 292, 205-216.
  • Sakata K, Araki K, Nakano H, Nishina T, Komazawa-Sakon S, Murai S, Lee GE, Hashimoto D, Suzuki C, Uchiyama Y, Notohara K, Gukovskaya AS, Gukovsky I, Yamamura KI, Baba H, *Ohmuraya M. (2016) Novel method to rescue a lethal phenotype through integration of target gene onto the X-chromosome. Sci Rep. 6, 37200.
  • Nishina T, Komazawa-Sakon S, Yanaka S, Piao X, Zheng DM, Piao JH, Kojima Y, Yamashina S, Sano E, Putoczki T, Doi T, Ueno T, Ezaki J, Ushio H, Ernst M, Tsumoto K, Okumura K, *Nakano H. (2012) Interleukin-11 links oxidative stress and compensatory proliferation. Sci Signal5, ra5.
  • Piao X, Komazawa-Sakon S, Nishina T, Koike M, Piao JH, Ehlken H, Kurihara H, Hara M, Van Rooijen N, Schütz G, Ohmuraya M, Uchiyama Y, Yagita H, Okumura K, He YW, *Nakano H. (2012) c-FLIP maintains tissue homeostasis by preventing apoptosis and programmed necrosis. Sci Signal 5, ra93.
  • *Kojima Y, Nakayama M, Nishina T, Nakano H, Koyanagi M, Takeda K, Okumura K, Yagita H. (2011) Importin β1 protein-mediated nuclear localization of death receptor 5 (DR5) limits DR5/tumor necrosis factor (TNF)-related apoptosis-inducing ligand (TRAIL)-induced cell death of human tumor cells. J Biol Chem 286, 43383-93.
  • Nishina T, Yamaguchi N, Gohda J, Semba K, *Inoue J. (2009) NIK is involved in constitutive activation of the alternative NF-kappaB pathway and proliferation of pancreatic cancer cells. Biochem Biophys Res Commun 388, 96-101.

総説、著書

  • 出口裕、仁科隆史、中野裕康.「細胞死誘導性の細胞増殖機構」『Thrombosis Medicine』、先端医学社、第6巻、3号 p11-p17、2016
  • 仁科隆史、中野裕康.「細胞死に伴う酸化ストレスの生体恒常性維持における役割」『医学のあゆみ』医歯薬出版株式会社、第247巻、第9号、pp949-pp954、2013
  • 仁科隆史、中野裕康.「細胞死と代償性増殖」『医学のあゆみ』医歯薬出版株式会社、第246巻、第5号、pp419-pp425、2013
  • 仁科隆史、中野裕康.「酸化ストレスによる生体の恒常性維持機構」『実験医学増刊活性酸素・ガス状分子による恒常性制御と疾患』羊土社、Vol.30. No.17、pp2799-pp2805、2012
  • 仁科隆史、中野裕康.「細胞死に伴う酸化ストレスによる生体の恒常性維持機構」『実験医学』羊土社、2月号、pp578-pp582、2012
  • 仁科隆史、中島章人、中野裕康. 「細胞死と炎症」『細胞工学』 秀潤社、Vol.29.No.8 pp804-809、2010
Copyright (C) TOHO UNIVERSITY SCHOOL OF MEDICINE DEPARTMENT OF BIOCHEMISTRY All Rights Reserved.